-->

インテリアコーディネートの基礎知識 − ブラインドの知識 −

 横型ブラインド


 ブラインドには、横型ブラインドと縦型ブラインドがあります。一般的なのは横型ブラインドでしょうか。縦型ブラインドは、従来オフィスなどで用いられていたものですが、そのモダンな感じとやさしい光をリビングにもたらすことができるので、住宅にも取り入れられるようになりました。

 横型ブラインドは、多数の水平なスラット(羽根)を上下に動かすことによって、自由にスラットの角度を変えられる。これによって、例えば斜め上の方から入ってくる直射日光を羽根でさえぎり、風だけをリビングに取り入れることができたり、外からの視線をさえぎりながら、風を取り入れることもできます。 スラットの角度を変えるたびに、リビングに入る光や風が変わり、いろんな表情を楽しむことができます。

 一般的には、アルミ製のものが主流で、モダンな空間やシンプルな空間におすすめです。また木製のブラインドもあります。こちらは、木製なのでぬくもりがあり、またものよっては高級感を出してくれます。
スラットの幅もいろいろ種類が出ていて、細いスラットはシャープな印象で、すっきりとモダンな感じです。スラットの幅が広いタイプは、よりぬくもり感があります。

 次に縦型ブラインドですが、縦型のルーバーを縦に吊り下げた構造をしています。ルーバーを回転させることで、光と風をコントロールします。横型と同様に外部からの視線をカットしながら、光と風を取り込むことができます。横長な窓辺より、縦方向に長い吹き抜けがある大きな窓のあるリビングなどにおすすめです。

縦型ブラインド




'; echo spemenu(); echo "
"; echo htmlfooter(); ?>