-->

インテリアコーディネートの基礎知識 − カーテンの知識 −

 窓辺にコーディネートで一番一般的なのがカーテン。でもみんなあまりカーテンのことは詳しく知らないのでは。カーテンは生地と柄がすべてだと思っていましたが、そうでもないのです。
 例えば、吊り元のバリエーションがいくつもあること知っていましたか?

 一般的なのが3つ山や2つ山ヒダのプリーツカーテン。ギャザープリーツはフェミニンな印象を与えます。タブスタイルやフラットスタイルなどヒダのないカーテンは、カジュアル、シンプルなリビングにおすすめです。はと目スタイルはモダンな印象を与えます。このように吊り元にこだわったカーテン選びもいいかも知れません。

 カーテンの柄によって、リビングの印象も大きく変わってきます。例えば大柄の模様は、部屋が小さく見えてしまう傾向にあります。広い大きなリビングであれば、バランスが取れ存在感が出てきます。狭いリビングのカーテンはできるだけ、主張しない小柄の柄をおすすめします。

 また生地ですが、厚く重厚なカーテンは、リビング全体を重厚な雰囲気にします。逆に薄くて軽いカーテンは、シンプルなカジュアルな印象に仕上げます。どちらがいいというわけではありませんが、自分がイメージするリビングによって使い分ける必要があります。




'; echo spemenu(); echo "
"; echo htmlfooter(); ?>