-->

インテリアコーディネートの基礎知識 − カラーコーディネート −

 色相(色相環)、明度、彩度、色のイメージ

まずカラーコーディネートの前に、色について勉強しましょう。

また色は有彩色と無彩色に分けられます。 有彩色は、赤や青などの色がついている色。無彩色は白やグレー、黒などの明度が変わることで色が表現される色です。


ここで色相環を載せておきます。暖色系や寒色系と色の変化を順に並べたものです。この色相環が意味するものは、同系色や反対色、中間色を一目で確認できる点です。


次に色によってどんなイメージがあるかを考えて見ましょう。 色のイメージはみなさん多少違うと思いますが、一般的な色のイメージを書いて見ました。 インテリアの色を決めるときに、この色のイメージは重要です。落ち着いた雰囲気にしたい場合は、茶やグリーン、白などを使うと良いでしょう。反対に活動的な元気なイメージにしたい場合は、赤や黄色などポップな色を使うとイメージにあったリビングに近づけると思います。



 リビングの配色を決める

リビングの配色を決めるとき、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの基本3色で考えます。
ベースカラーは

などのリビングの大きな面積を占める色のことです。リビングの雰囲気を決めてしまうので、カーテンやラグマットの色選びは慎重でなければなりません。メインカラーは

です。メインカラーは部屋のイメージを決定づける色です。ベースカラーと同色系で選ぶと間違いが少ないでしょう。
アクセントカラーは、クッションや小物などに使うさし色です。自分の好きな色や、夏は寒色系の色、冬は暖色系の色など遊びとして使う色です。




'; echo spemenu(); echo "
"; echo htmlfooter(); ?>